大山俊輔ブログ ー 脳科学による習慣ハック・歴史・経済のサイト

『ドラえもん のび太の宇宙小戦争』リメイクが決定 – 2021年3月公開予定でなんと主題歌はOfficial髭男dism!

『ドラえもん のび太の宇宙小戦争』リメイクが決定 - 2021年3月公開予定でなんと主題歌はOfficial髭男dism!

(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2021

ドラえもん(映画版)博士のヌーです。

ヌー

以前、『ドラえもん のび太の宇宙小戦争』についてレビューを書いていた時に、

「いつか、リメイク版でないかなぁ・・・」

とぼやいていたのですがついにこのニュースがやってきました!!

<ドラえもん>劇場版新作「のび太の宇宙小戦争 2021」(リトル・スターウォーズ)2021年3月5日公開 主題歌はOfficial髭男dism

 

物心ついた時には、ドラえもんのマンガが家にあり、初めて見た映画もドラえもん。ドラえもんと共に育ち数十年。社会人になり、中年と呼ばれる年齢になってきても、大事なことはドラえもんから学びます。今回は『良い上司とは』や『部下の活かし方』について、パピから多くを学びました。

ヌー

本当に嬉しいニュースですね。

そして、主題歌を担当するのはOfficial髭男dism。
時代の変化を感じますね。

大山俊輔

ええー。のび太の宇宙小戦争といえば、武田鉄矢さんの「少年期」じゃなきゃ!!
いえいえ、これだけのリメイクだから、全部2020年代仕様になるんですよ。

ヌー

いつ、リメイクされるのかを楽しみにしていましたが、ついにですね。
ということで、原作となる『ドラえもん のび太の宇宙小戦争』についても復習がてら、見てみましょうね。

のび太の宇宙小戦争のあらすじ・レビュー ドラえもん『のび太の宇宙小戦争』は大人になってから見直すと学びの多い映画

「のび太の宇宙小戦争 2021」(リトル・スターウォーズ)について

「のび太の宇宙小戦争 2021」のあらすじ

『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争 2021』予告編

ストーリーは1985年にリリースされた原作と大きな変更はないようです。

小人型の宇宙人・パピは惑星ピリカの大統領ですがギルモア将軍のクーデターにより地球に亡命。
のび太はじめ、ドラえもん、ジャイアン、スネ夫、そして、しずかちゃんが立ち上がってピリカ星へ行き、パピの故郷に再び平和を取り戻すというストーリーです。

「のび太の宇宙小戦争 2021」の見どころ

いつもどおり、映画版では勇気をふりしぼるのび太、そして、いいやつになるジャイアンもですが、この映画ではスネ夫もいい味を出します。そして、そのスネ夫に勇気を与えて鼓舞するのがしずかちゃん。大人にも見どころ満載です。

のび太の宇宙小戦争-戦車戦闘シーン

また、2020年代のCG技術をフル活用した宇宙戦などはきっとかなりリアルに再現されて見どころ満載となること間違いなしです。スネ夫のラジコン戦車の宇宙船などは1985年の原作でもかなりリアルに描写されていましたが、更に素晴らしい出来になるのではないでしょうか?

あとは、しずかちゃんの牛乳風呂シーンもどの程度再現するのか気になりますね(笑)。

ヌー

「のび太の宇宙小戦争 2021」制作チーム

今回の新脚本と、CGをふんだんにつかった演出を含め、監督するのは山口晋。『超劇場版ケロロ軍曹』シリーズ、『映画ドラえもん のび太の月面探査記』演出を務めているので、かなり期待できますね。

また、脚本は『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』シリーズなの佐藤大氏が務めます。

山口晋監督のコメント

山口晋監督・のび太の宇宙小戦争 2021

初代「のび太の恐竜」が映画化されるまでの盛り上がりを経験した身としては、この仕事は一つの夢でした。あの頃の自分が熱狂するドラ映画を作りたい! という思いが今の原動力です。

内容的には、開拓者精神にあふれた20世紀のスペースファンタジーたちに敬意を払いつつ、その上でいかに新鮮な驚きを感じてもらえるかに知恵をしぼりました。

そして主題歌。今回、Official髭男dismさんに担当して頂いているのですが、この曲が流れるエンディングをイメージして初めて「いける!」と確信できました。映画館を出て空を見上げながら口ずさみ、もう一度たかぶってもらえたら嬉しいです。

Official髭男dism藤原聡のコメント

Official髭男dism藤原聡・のび太の宇宙小戦争 2021

この度Universeという楽曲が生まれました。 ドラえもんは僕にとっても小さな頃から親しんでいたアニメで まず今回主題歌を担当させて頂けた事を大変光栄に思っています。

子供も大人も分け隔てなく包み込みながら回るこの世界で 自分の人生のあり方を、小さな頃からずっと考えていましたが、答えは今も出ないままです。 なんなら、学校でも会社でも自己評価ってものがずっと苦手でした笑 結局「あの頃はどう」とか、後出しジャンケンで自分の過去を評価する事しか出来ないまま今も暮らしています。 そんな自分の人生をそのまま楽曲にしたことで、少年時代の自分とまた出会えたような気がしたし 日が暮れるまで夢中で遊んだ頃と同じように、この楽曲を作ることに夢中になっていきました。

このUniverseが映画に彩りを添えられる楽曲になってくれたら嬉しいなと思うとともに、 聴いて下さった皆さんの日々や、その日々に入り込んでくる悩み事に寄り添ってくれたなら バンドとしてこんなに幸せな事はありません。

共にトライアル&エラーを繰り返しながら生きて行きましょう。

どちらも、この映画に対しての心がこもったコメントですね。

まとめ

この映画の原作となる「のび太の宇宙小戦争 」は1985年にリリースされています。
あの当時の少年の多くは40代中盤に差し掛かっていますが、今あらためて、見直してみるといろいろと自分の人生を振り返りつつ、この厳しい時代に一生懸命生きていくエネルギーをのび太たちからもらえるのではないでしょうか?

2021年がとても楽しみなニュースでした!

ヌー&大山俊輔