痛みなくして成長なし
 
 
こんにちは。大山俊輔です。
12月も残すところあと僅か。
 
 
11月はあんまり良い月ではなかったと書きましたが、
幸いなことに12月は良い月となりました。
 
 
おかげで年越せそうです(笑)。
 
 
さて、今年はほとんど忘年会に参加することもなく(毎年か・・)。
唯一参加したのはジム仲間の忘年会だけ(笑)。
 
 
でも、感謝したいのはトレーナーの川村先生。
2017年の5月から開始したトレーニングですが、年内最後となる27日(木)にはスミスマシンですがベンチプレスも150kgを3回あげることができました。
 
 
毎回トレーニングのログはエバーノートにつけているのですが、
実は昨年の12月のログを見ていると、、、、
 
 
「やっと100kgがあがった!!」
 
 
と、健気に喜んでいました(笑)。
 
 
その前の8月くらいまで戻ると、70kgで喜んでいます。
 
 
人間は主観の生き物なので、遡ってログを見ることがないとこうした変化に気づかないものです。
 
 
私も風呂場やサウナではいつも、
 
 
「いや~、風呂入ってるだけです」
 
 
なんて、自分を茶化していますが、こうして数字で見てみるとトレーナーが見てくれることの偉大さを感じざるを得ません。
 
 
これは英会話を学ぶ人にもあてはまります。
 
 
特にラーニングカーブが伸び悩む「プラトー」のステージではなおのこと成長を感じることが難しいためやめてしまうリスクが高いのですがここが頑張り時。
 
 
こういうステージで目に見えない変化をどうやって可視化するか。
ここは、テクノロジーの力を借りてゲームっぽくしたりしながらやってみるのが良いのではないでしょうか。
来年こそはこうした機能をうちのシステムにも実装していきたいと思っています。
 
 
このエントリを書いているのは28日(金)です。
これから、スクールを回ってスタッフたちに年末最後の営業の挨拶回りをして、一旦、年内の営業も終了となります。
それでは、皆さまも良い年をお迎えください。


カテゴリー: 筋トレ日記