大山俊輔ブログ ー 脳科学による習慣ハック・歴史・経済のサイト

青山霊園に眠る歴史的偉人を巡る旅(ジョギングの合間に)

大久保利通の青山霊園のお墓

大山俊輔

こんにちは。大山俊輔です。

関西出身で関西大好きな私が東京に出てきて20年。
ただ、いくつか東京に出てきてよかったと思うことももちろんあります。
(妻と出会ったとかですよ)。

その1つが日本の近代史をめぐる史跡が数多く残っていること。
特に明治以降の日本史は、東京を中心に展開しました。

古墳巡りから平安、鎌倉、安土桃山、江戸と私の地元関西は散歩コースに数え切れないほどの史跡があります。
特に古墳時代や奈良・平安時代が好きな方は関西のほうが訪れる場所も多いことでしょう。

ただ、やはり近代となると東京に軍配が上がります。
毎週青山霊園の近所をジョギングしているのですが、今回は散歩しながら見つけた著名人のお墓をご紹介してみようかと思います。

青山霊園の著名人1 – 大久保利通

墓石の位置:1イ種15~19側1番

大久保利通の青山霊園のお墓

はい、私は週に1度はこの大久保利通の墓を参拝しています。
おそらく、遺族以外では(ひょっとすると遺族以上に)ここに来ている気がします(笑)。

というくらいに大久保利通の人生は私の価値観に大きな影響を与えたからです。
以前、大久保利通を扱ったエントリも書いてみたくらいに大久保好きです。
大久保利通 大久保利通半端ないって思う理由 コロナウィルス コロナウィルスと江戸末期の参勤交代と大久保利通

彼のような人生を私は歩めるほど、覚悟もなく真面目でもないですが、なぜかこの大久保利通の墓に来ると気持ちが引き締まります。

青山霊園の著名人2 – 濱口雄幸と井上準之助

墓石の位置:1ロ種8-1~14

浜口雄幸と井上準之助の青山霊園のお墓

大久保の墓のすぐ裏にあります。
濱口といえばライオン宰相。
そして、井上準之助といえば辣腕大臣で濱口を支えて金解禁と緊縮財政によるデフレ政策を二人三脚で決行した盟友。

濱口は銃撃で。
井上は血盟団事件で命を落とします。

すいません。私は経済史の観点からはお二人を評価していません(笑)。
ただ、城山三郎の『男子の本懐』が好きな人多いんですよね・・。

三塁に一直線のごとく逆走しましたが、命をかけたことだけは確かです。
お墓も隣り合わせにあります。
日本をとりまく清算主義と歪んだ道徳感情

青山霊園の著名人3 – 犬養毅

墓石の位置:1ロ種8-1~14

犬養毅の青山霊園のお墓

そして、濱口内閣の後首相になった犬養毅。
5.15事件で暗殺されます。

犬養といえば、実はアジア主義者としても有名で、頭山満とも信仰があつかったそうです。
昭和恐慌に突入した後、犬養は首相に就任し高橋是清を大蔵大臣に起用。高橋は金輸出再禁止と兌換停止、さらに積極財政へと政策レジームを転換し、日本経済は世界恐慌から最速で脱出しました。

青山霊園の著名人4 – 山口多聞

墓石の位置:1種ロ8-1

山口多聞の青山霊園のお墓

唯一見つけた有名軍人さんです。
ミッドウェー海戦といえば、太平洋戦争の転換点となる戦いです。

戦力で見ればどう考えても日本が勝てる戦いですが結果は惨敗。
その中で唯一、山口の旗艦飛龍だけが気勢を上げて、アメリカのヨークタウンを撃沈(厳密には大破)。
しかし、大勢を変えるには至らず、最後は飛竜とともに殉じます。

ジョギングの合間の楽しみに

いかがでしょう?
青山霊園近辺はジョギングしている方も数多くいますが、こんな楽しみがあることを知っている方は少ないようです。
(歴史に興味ないと限りなく「単なるお墓」ですけどね(笑))。

ぜひ、近くを通りかかる時には歴史に想いを馳せながらお墓巡りをしてみてもよいのではないでしょうか?

桜のシーズンはこんなにキレイですよ!
青山霊園ー桜シーズン

大山俊輔